カテゴリ:ハナキリン( 4 )


花キリン2

赤い花が咲く花きりんは2013年秋のバザールに出して、買われていきました。

それを挿し木で育てようとしたのがうまくいかなかったので、

またダオソーから2種類買ってきました。

クルーム色のものは、2014年8月ごろに、赤は2014年11月ごろに購入しました。

ポットの大きさをかえれば、もっと大きくなるので、温かくなったら2つとも

一回りおおきなものに変えてみようと思っています。

a0221455_20355920.jpg



a0221455_14242144.jpg

[PR]

by pakira1388 | 2015-02-01 20:12 | ハナキリン

花キリン2 淡いクリーム色の花が咲きます。

a0221455_22524233.jpg


8月にダイソーで買ったハナキリンは、赤い花ではなく淡いクリームの花が咲いています。

赤いハナキリンと比べると、葉が約2倍~3倍の大きさになっていますし、花も一回り大きいようです。 

現在の高さは15センチほどです。




a0221455_14242144.jpg

[PR]

by pakira1388 | 2014-10-25 22:53 | ハナキリン

ハナキリン

ダイソーのミニ観葉で購入した数センチのものが、2013年の6月に15センチほどだったものが、10月末には30センチぐらいになっている。現在は、ドンキーの店のガラスのところに置いてある。
a0221455_042655.jpg





a0221455_14242144.jpg

[PR]

by pakira1388 | 2013-10-27 00:42 | ハナキリン

ハナキリン

花麒麟 (ハナキリン)
科名 :トウダイグサ  属名 :トウダイグサ
学名 :Euphorbia milii var. splendens
生育地は 原産地はアフリカのマダガスカル島で、日本へは大正初期にはいてきたそうです。

1年前に数センチぐらいの小さなハナキリンのポットを2個、ダイソーから買ってきて、この1年間で、2回鉢を替え、今は4号と5号の鉢にいれていますが、高さはいずれも約18センチです。

a0221455_14124721.jpg

育て方
日当たりを好むので日当たりのよいところで育てます。冬は熱帯の植物であまり強くないので、室内の5度以上の日当たりのよいところで育てます。比較的寒さには強く、日当たりがよく暖かい場所では冬でも花を咲かせます。

水やり
多肉植物なので多湿を嫌い、乾燥には強いです。夏は鉢土の表面が白く乾けば与え、春と秋は鉢土の表面が白く乾いてさらに2、3日してから与えます。花キリンは多湿を嫌いますが、生育期の極端な水切れは葉がしおれてくるので、あまり長く乾燥させ続けないよう注意してください。冬は1カ月に1、2回ぐらい水を与えるぐらにして乾燥気味にして越冬させます。冬の水の与えすぎは根腐れの原因になるので注意してください。⇒ 水やりはおおめにしていましたけど、枯れもしないで大きくなりました。


植え替え
2年以上植え替えていないもの、鉢底から根が出て根詰まりしているようなら植え替えます。植え替えの時期は春の4月から5月頃に行います。用土は多肉植物の用土、自分で作る場合は赤玉土(小粒)6、腐葉土2、パーライト2などで植え替えます。根鉢を3分の1ほど軽く壊して一回り大きな鉢に植え替えます。

切り戻し
枝が伸びすぎて樹形が乱れたら、適度な長さに切り戻します。時期は4月から5月頃に行います。切り戻した先は挿し木に利用できます。花キリンは枝を切ると白い樹液が出ます。この白い樹液には毒があるので、かぶれやすい人はゴム手ぶろをしておくとよいです。
a0221455_14103433.jpg



a0221455_14242144.jpg

[PR]

by pakira1388 | 2013-06-30 13:21 | ハナキリン
line

街のアーケードにフラワーポットで咲かせています。


by pakira1388
line