カテゴリ:ノ-スボール( 2 )


ノースボール

2013-12-17
a0221455_20482154.jpg


2014-4-28

a0221455_739038.jpg


a0221455_7392553.jpg

a0221455_7382557.jpg

a0221455_7404484.jpg


a0221455_14242144.jpg

[PR]

by pakira1388 | 2013-12-19 20:48 | ノ-スボール

ノースポール

a0221455_1271086.jpg

写真は直径50センチほどのフラワーポットに咲き誇っているノースポールです。これは、前年の12月はじめに小さいポットで2株を80円で購入し、それぞれを円形のプランタンに植えたものです。2013-1-15に、土の水はけが悪く固まっていたので、土(ゴールデン顆粒)をかってきて一部の土を入れ替えてみました。



ノースポールは径3cmほど、中心が黄色の白い小ギクで、花期が長く育てやすい人気の一年草です。比較的寒さに強く、関東地方以西の平地では秋にタネをまけば、防寒しなくても冬越しでき、冬から初夏まで花を楽しむことができます。株はボール状に育って、最盛期には株一面に花を咲かせます。
 「ノースポール」は、レウカンセマム・パルドスム(Leucanthemum paludosum)のなかの1園芸品種につけられた名前ですが、この品種にとどまらず、パルドスム種全体を指すこともあります。また、パルドスム種は、かつてクリサンセマム属(和名キク属)に分類され、同じ属に分類されていたムルティカウレ(Coleostephus multicaulis)とともに、今も「クリサンセマム」という名前で流通しています



◆生育に適した環境
日当たりと水はけがよく、やや乾燥した環境を好む。
◆種子まき
(3月、9月中旬〜10月)
通常は秋に行うが、寒冷地では春に行う。種子が細かいので鉢や育苗箱に条まきにする。
◆苗の植えつけ
(10月上旬、3〜4月)
暖地では10月上旬、寒冷地では3〜4月ごろに庭やコンテナなどに植えつける。
◆病害虫
丈夫で病気の心配はあまりないが、アブラムシ予防に月に2回ほど薬剤散布を。
◆肥料
元肥は、株元に緩効性化成肥料を施す。生育や葉色が悪くなった時のみ、液肥を与える。
◆水やり
土が乾かない程度に少なめに与える。
◆花がら摘み
1つの茎に1つの花をつけるタイプ。花茎のつけ根から切る


a0221455_14242144.jpg

[PR]

by pakira1388 | 2013-01-14 17:07 | ノ-スボール
line

街のアーケードにフラワーポットで咲かせています。


by pakira1388
line