カテゴリ:つつじ( 1 )


久留米つつじ

a0221455_21494089.jpg


2012年5月6日に小石川の陶芸まつりの道の駅で購入したもので、購入した時は15センチぐらいしかなかったが、1年後の今年は30センチ以上にもなって、咲き誇っていた。
剪定をしなかったので、花が葉の間にはいっているようにしか見えなかった。


②植えつけ・鉢植え
つつじの根は細根が多く、土中でも浅く横に張る性質があるので、排水の悪い所では根腐れを起し
枯れることがあります。排水の良いところで、浅植えにすることが大切です。
その際、苗についている土と植え付ける土が異なる場合は、苗の土を落とし、根の間に
植え付ける所の土をあらかじめ入れ込んで植え付けてください。以前につつじ類のあった場所に
植え付ける場合は、新しい土と取り替えて植え付けることが大切です。
植え付ける所の土はPH5~6の酸性を好みます。
乾燥している所に植え付ける場合は、植え込み後、十分に灌水してください。
鉢植えする場合、清潔、吸水性・通気性の良い弱酸性の用土を使いましょう。
鹿沼土の硬質のものの単用、鹿沼土8にボラ土2の割合の混合用土
、鹿沼土8に山砂2の混合用土等が一般に用いられます。


剪定方法
刈り込んで樹形を仕立てたり、生垣に用いたりと用途は多様です。サツキは、花が終わるとすぐに翌年の花芽を形成することから、花が終わった直後に剪定するのがよいです。また、その頃は他の庭木にも虫や病気が発生しやすい時期であることから、手入れの目安になる。


肥料は開花前に寒肥として油かすとピートモスや堆肥を株周りに敷きつめます。






つつじの剪定の時期
[PR]

by pakira1388 | 2013-05-05 21:49 | つつじ
line

街のアーケードにフラワーポットで咲かせています。


by pakira1388
line