フラワーポットで綺麗

街のアーケードにフラワーポットで咲かせています。

ポトス・マーブルクィーン

a0221455_233021100.jpg


写真に向かって右側の伸びている部分が、きみどり一色になってきている。

ポトスエンジョイをはじめとする斑入りポトスは日光不足になると葉に腑が入らなくなるそうです。
ある程度綺麗な腑をキープするには1週間に一度程度の鉢回しが一番効果的です
また、一定方向から日差しを浴びるとそこだけ腑が入って他は緑に戻るということもあります。



a0221455_14242144.jpg




a0221455_12923100.jpg




斑の部分には葉緑素がない。よってここが葉焼けしやすい。

斑入りの部分が多いほど、株としは弱い種類になりがち。

●ポトスパーフェクトグリーンというのが全く斑が入っていない。

●ポトスマーブルクイーンは多少、寒さに弱く、育てづらい。

●ゴールデンポトス・ライムポトスの生育は早い。

●マーブルクイーン・エンジョイなどは生育が遅い。

●ライムポトスは日照が不足すると緑になり、日照が足りていると黄緑になる。

●ポトスシャングリラという品種は葉っぱが巻いている。





a0221455_14242144.jpg

[PR]
by pakira1388 | 2015-07-22 23:30 | ポトス