フラワーポットで綺麗

街のアーケードにフラワーポットで咲かせています。

ブライダルブーケ

ブライダルブーケ(宿根イベリス)科名:アブラナ科
別名:宿根イベリス

大村の花屋から11月中旬に2株購入。
白い小さなかわいい花で、一株は冬用ジュリアンの横に、一株はハイビスカスの横のプランターにいれる。

a0221455_1415161.jpg

■水やり
花がしぼんだら、こまめに摘んでやるのが、長く綺麗に花を楽しむコツです。水やりと肥料土が乾いたら、水をやります。宿根イベリス・ブライダルブーケは過湿に弱く、水をやり過ぎると蒸れて、根が腐ってしまいます。
■肥料
春の開花時期に一週間に一回程度、秋は月に一回か二回程度、液肥
■植え付け・植えかえ・種蒔き
水はけのよい土を好む
酸性の土壌を嫌うので、庭植えする場合は、庭の土に石灰を混ぜて中和させてから植え付けをします。植え付けをする二週間前にしてください。また水はけのよい土を好みますので、庭の土が粘土質な場合は、土に川砂を混ぜて、水はけを良くする。

■植え替えの基礎
宿根イベリスのブライダルブーケに限らず、イベリスは移植を嫌います。一旦植えたら、別の場所に移動は出来ないと考えて、どこに植えるか決めましょう。

鉢植えにする場合は、市販されている花と野菜の土で植え付けをします。もしくは市販の土に川砂を混ぜてから植えます。市販の土はすでに中和してありますので、石灰を混ぜる必要はありません。

a0221455_11135374.jpg
■プランター植え付け管理場所・日当たり日光にしっかりと当ててください。日光が少ないとうまく育たず、花つきが悪くなり、茎がひょろ長く伸びて株が弱くなってしまいます。

夏の多湿に弱く、風通しが悪いと蒸れて枯れてしまいます。花が一休みする6月に刈り込むことで、次の花も咲きやすくなる。地域や環境によって涼しくなってからまた咲くことがある。

冬の寒さは、マイナス10度までOK!




a0221455_14252661.jpg

[PR]
by pakira1388 | 2012-12-07 01:42 | ブライダルブーケ