フラワーポットで綺麗

街のアーケードにフラワーポットで咲かせています。

キンエボシ

キンエボシ 原種の園芸名/キンエボシ(金烏帽子) キンコバン(金小判) 原種の流通名/ゴールデンバニー 変種の園芸名/ハクトウセン(白桃扇) 変種の流通名/ホワイトバニー
学 名 Opuntia microdasys (Lehm.) Pfeiff.
分 類 サボテン科オプンティア(オプンチア)属
原 産 メキシコ

1年ほど前に100円で5cmぐらいの小さなものを購入したのが、大きくなったので本日植え替えをした。今まではサボテン用砂だけだったので、支えをしても倒れやすかった。今回は土をまぜて押さえつけて植え替えた。



一般的な栽培方法

a0221455_151512.jpg
団扇サボテンの仲間には、丈夫な品種が多く
耐暑性があるのは勿論ですが、耐寒性もありますので
暖地では、地植え栽培も可能です。
寒冷地の場合は、鉢植え栽培がおすすめ♪
秋頃までは屋外の湿気の少ない、日当たりの良い場所で管理し
気温が下がり始めた頃に、室内に取り込みます。
( 日当たりが良く、暖房の風に当たらない場所に置くこと )

春から新芽が出始め、大きく成長し、
直径3~5cm程の黄色い1日花を咲かせます。

水遣り: 成長期の春と秋、及び乾燥している状態で 10日に1回くらい。
夏 ( 湿気の多い時 ) と、冬期の水遣りは控え目にする、または与えない。 
多湿は間延びや根腐れの原因になりますので、受け皿の水も捨てましょう。

サボテンの故郷 ( 乾燥地帯 ) と、日本の気候は全く異なり
雨期と乾季に分かれているので、サボテンは雨期に水を吸い上げて成長し
乾季には、暑さや乾燥に耐える休眠期になります。 よって、
水を吸わない休眠期の夏 ( 冬 ) に、水を与えることが腐る原因になることが多い。
 

《 病気/害虫 》 
病気:黒 ( 赤 ) 腐れ病 = 根腐れ、すす病、黒斑病
害虫:カイガラムシ、ダニ、ワタムシ、線虫、
    ネジラミ、なめくじ、蟻&アブラムシの組み合わせにも注意

《 用土/肥料 》
土質には、うるさくないサボテンですが
水捌けの良い、アルカリ性の土壌を好むようです
( 少量の石灰を混ぜておくと良いかも )

一般の培養土の配合を変え、更に水捌けを良くした土や
市販の多肉植物&サボテン専用土でも可

軽量の多肉&サボテンの専用土は、排水が良過ぎて保水性が無い為
水分が不足する場合がありますので、
培養土や赤玉土を少し混ぜておくと良いかもしれません。

a0221455_14252661.jpg

[PR]
by pakira1388 | 2012-12-06 10:21 | サボテン